ゲーム実況者情報

おすすめのゲーム実況者やゲーム実況プレイ動画などを紹介するゲーム実況の情報まとめサイトです

セピア(おすすめ男性ゲーム実況者)

      2017/05/08

ゲーム実況デビュー日・初投稿動画

・ゲーム実況デビュー日は、2009年2月20日。初投稿動画は、「高速道路初心者がF-ZERO GXを正しく実況プレイ」

 

人物紹介

誕生日・・・7月20日

血液型・・・A型

出身・・・千葉県

在住・・・関東

好きなもの・・・サッカー、辛い食べ物、猫(Twitterで猫の画像をよく投稿している。)

 

 

・学生の頃は吹奏楽部や合唱部に所属するなど、音楽に触れる機会が多かった。

その経験を現在でも活かしており、2014年2月に自身で作詞・作曲・編曲を担当したオリジナルのボーカロイド曲を投稿したり、「セピライブ」という単独イベントでピアノ演奏をしたり、「音速兄貴」というバンド(詳しくは後述)で音楽活動を行ったりしている。

 

・ゲーム実況者の「つわはす」「アブ」「コジマ店員」「セピア」からなる4人組男性ゲーム実況グループ「チームTAKOS」のメンバーの一人である。

名前の由来は、各メンバーの頭文字を取って合わせたことからきている。

「マリオパーティ」や「ボンバーマン」、「ぷよぷよテトリス」など、さまざまな対戦ゲームで実況プレイを行っている。

 

・2015年1月にニコニコチャンネル「シェイクセピア-Shakesepia-」を開設する。

主な活動内容は、さまざまなテーマをもとにした「旅」や「検証」動画の投稿や、「雑談」や「勉強」配信、ブロマガの更新などである。

 

・インターネット上で活動する「recog」「towaco」「ふぁんきぃ」「セピア」「五月病マリオ」からなる5人組ドキュメンタリー型音楽バンド「音速兄貴」主な略称は「マッハニキ」)のメンバーの一人である。(担当はドラム)

バンド名の由来は、メンバー全員が診断メーカー「バンド名決めったー」を利用したところ、セピアが「音速兄貴」を引き当て、非常に面白かったということからきている。

 

2015年4月11日に1stライブ「音速会議」を行い、同年6月20日に「ゲーム実況わくわくフェスティバル」に出演したり、2016年6月5日に大阪・梅田CLUB QUATTROにて、ライブ「音速会議 in OSAKA」を行ったりなど、精力的に活動を行っている。

この他にも、ニコニコの公式放送やイベントなどに参加したり、5人でゲーム実況を行ったりしている。

 

スポンサーリンク

 

ゲーム実況の特徴

主に任天堂のゲーム作品を実況プレイしており、中でもよく実況プレイするゲームシリーズは、「ピクミン」ゼルダの伝説」「マリオ」シリーズなどである。

【ピクミンシリーズ】

【ゼルダの伝説シリーズ】

【マリオシリーズ】

 

ゲーム実況のプレイスタイルは、基本的には落ち着いた丁寧な口調であるが、熱中しすぎると急にハイテンションになったり、ホラーゲームの実況ではよく絶叫したりと、動画シリーズやパートによってテンションが異なっている。

また縛りプレイを行うこともあり、特に上記のよく実況プレイするゲームシリーズで行うことが多い。

その他には、「スーパードンキーコング2」のゲーム実況では目隠しプレイ、「がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜」のゲーム実況ではオワタ式などに挑戦している。

【目隠し】

【オワタ式】

 

・パート1にOP、最終パートにEDを入れている動画シリーズもあり、EDで使用するシーンを視聴者に募集することもある。

・シリーズを完結させるごとに「ラジオ」動画を投稿することが恒例となっている。内容は視聴者からの質問返答や、ゲームの世界観やストーリーの考察、実況の裏話、ニコニコ動画のゲーム実況に対する自身の考えなど、多岐にわたっている。

 

・初心者に優しい解説実況プレイを行っている動画シリーズもある。

「マリオカート8」のゲーム実況では、本シリーズ作品の初心者の方でも理解できるように、アクセルの踏み方から解説が始まり、超基礎編・基礎編・中級編・上級編の4部構成で段階を追ってさまざまなテクニックを分かりやすく説明している。

「スプラトゥーン」のゲーム実況では、動画の冒頭に本パートで使用する武器や装備などの特徴を細かく分かりやすく説明しており、ブロマガでも本作品の考察記事を詳細にまとめている。

【マリオカート8】

【スプラトゥーン】

 

英語の発音が非常に綺麗である。特に「ゼルダの伝説」シリーズのゲーム実況では、ブーメランを入手した時に「Yeah! That's exactly what I've been wanting BOOMERANG!」「Yeah! Nothing could be better than this! GALE BOOMERANG!」などと発言するなど、流暢な英語を披露している。

また同シリーズのゲーム実況では、初見の方にはストーリーや世界観を存分に味わえることができ、 既プレイの方にはところどころで面白いと思ってもらえるような要素を入れるなどと、 初見・既プレイ問わず楽しめる動画作りを行っている。

 

・集中してゲームをプレイしたい時に「無言になる」や「無言タイムに入る」などと発言することがあるが、1秒も経たないうちに喋り出すことが多々あるため、そのようなパートには「セピア式無言タイム」というタグやコメントが付けられている。

・予期せぬことが起こった時に、咄嗟に聞き取ることが難しい言葉を発することがあり、そのようなパートには「セピア語」というタグやコメントが付けられている。

・ゲーム実況プレイ動画の投稿頻度は極めて高く、基本的に1~3日

 

スポンサーリンク

 

おすすめゲーム実況プレイ動画!!

任天堂より2000年にN64用で開発・発売され、その後2009年にWiiのVC、2015年にリメイク作品として3DS版、2016年にWii UのVCで発売・配信されたアクションアドベンチャーゲーム「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」の実況プレイ動画シリーズがおすすめ!

 

前作の「時のオカリナ」でゼルダ姫を守り、ハイラルを救ってから数か月後、森の中を旅していた「リンク」は不気味な仮面をかぶった小鬼「スタルキッド」に襲われ、「タルミナ」という世界に迷い込んでしまう。そこは3日後に月が衝突して世界が滅ぶたびに3日前の朝に引き戻され、全てなかったことになる不思議な世界である。そのような出来事が起こる「タルミナ」を救うため、「リンク」が冒険に挑んでいく。

 

この動画シリーズでは、以下の縛り内容で実況プレイを行っている。

・「金剛の剣」を使用しない

・ボスに対して「Z注目」を使用しない

・ハートやお面、手帳、その他アイテムのコンプリート

 

既にこの作品をプレイしたことがあるため、縛りプレイではあるがサクサクとストーリ―が進行していく様子を見ることができる。

また、クオリティの高いOPやEDを入れたり、さまざまな声色を使い分けた気持ちの入ったアフレコをしたり、随所に小ネタを入れたり、ストーリーやゲームシステムの解説をしたりしているため、初見・既プレイ問わず楽しめる動画シリーズとなっている。

 

この動画シリーズの動画数は全34件、動画再生時間は約19時間であり、長時間楽しく視聴することができる。

 

また、この他にも同シリーズ作品を多数実況プレイしているので、ぜひそれらの動画シリーズもご覧いただきたい!

 

スポンサーリンク

 

 

 

記事の添削やおすすめしたいゲーム実況者、質問などございましたらTwitterのDMもしくはメールアドレス、下記のメールフォームよりお問い合わせ下さい。

Twitter: @gamelp_info

メールアドレス: gamelp_info@yahoo.co.jp

 

スポンサーリンク

 - 男性ゲーム実況者