ゲーム実況者情報

おすすめのゲーム実況者やゲーム実況プレイ動画などを紹介するゲーム実況の情報まとめサイトです

まっくす(おすすめ男性ゲーム実況者)

      2017/08/05

ゲーム実況デビュー日・初投稿動画

・ゲーム実況デビュー日は、2008年12月10日。初投稿動画は、姉の持ってたエロゲを初実況 初プレイ その1

 

人物紹介

生年月日・・・1986年4月26日

血液型・・・B型

出身・・・滋賀県

きょうだい・・・姉がいる

好きなアニメ・・・赤ちゃんと僕、ばらかもん、STEINS;GATE、Re:ゼロから始める異世界生活、ノーゲーム・ノーライフ、SHIROBAKO

 

 

・名前の由来は、中学生の時に「Dance Dance Revolution」のニックネームを決める際に「MAX」と入力したことからきている。

・ゲーム実況を始めたきっかけは、職場の部下と動画の再生回数の勝負をすることになり、以前から憧れていたゲーム実況プレイ動画を作成してみたいと思ったからである。(ちなみにその部下の動画は権利侵害により削除されている。)

 

・ゲーム実況プレイ動画の他にも、「歌ってみた」や「踊ってみた」動画などの投稿も行っている。

 

・タレント声優発掘オーディション番組「声優debutGATE」にてMCを務め、 そこで「まっくす」が声優の指導のもと、声優になることを目指す企画があり、2014年にドラマCD「あやがみっくす」の主人公「巴 光」役として声優デビューする。

また、2015年にはアニメ「ナルどマ」の主人公「ハギト」役を担当するなど、スペルバウンド所属の声優として、本格的に活動を行っている。

 

ゲーム製作の活動も行っており、主にロールプレイングゲームを製作している。過去に製作した「インフレクエスト」が「ニコニコ自作ゲームフェス3」で敢闘賞を受賞し、「インフレクエスト2」が「ニコニコ自作ゲームフェス5」で協賛賞を受賞している。

また、初心者向けのゲーム製作講座の動画を投稿している。内容は、導入編、RPG編、脱出ゲーム編、ギャルゲ編、プラグイン編の5部構成であり、分かりやすく段階を追って動画製作の方法を解説している。

 

・インターネット上で活動する「まっくす」「KADA」「こまてぃん」「蛇足」からなる4人組男性ゲーム実況グループ「ハッピーオワコンズ」のメンバーの一人である。

 

スポンサーリンク

 

ゲーム実況の特徴

主に実況プレイするゲームシリーズは、「アイワナ」シリーズである。

 

ゲーム実況のプレイスタイルは、丁寧な喋り口調が特徴的であり、鬼畜ゲームの実況でもネガティブな発言はあまりせず、明るく和やかな実況プレイを行っている。

・「アイワナ」シリーズ実況の動画タイトル名には、「最終鬼畜ゲーム」というフレーズが入っている。

 

ドMである。どのゲームジャンルでもドMを発揮し、数多くの動画で「ドM」というタグが付けられている。

初見ゲーム実況でも難易度をハードにしたり、鬼畜ゲーム実況でも理不尽な仕様に対して怒ることなく「面白いこのゲーム」などとドM発言をしたりしている。

アクションゲームが得意であり、特に「アイワナ」シリーズの実況でその力を発揮している。また、過去に「超魔界村」を裏面含めてノーミスでクリアしたこともある。

 

・「I Wanna Be The Guy」のゲーム実況では、パート6で詰みセーブをしてしまったために最初からプレイをし直している。

死亡回数「約400回」、プレイ時間「6時間弱」かかったところを強大な精神力と記憶力で数々の難所を一発クリアし、死亡回数「10回」、プレイ時間「20分弱」でその場所まで戻ってきている。

 

ホラーゲームが苦手である。「つぐのひ」のゲーム実況では、常に怯えながらプレイをしており、怖い要素が何もないにもかかわらずビビっている。

また、どのパートもプロの絶叫を披露しており、恐怖度が頂点まで達すると部屋から逃げ出す場面もあるが、何故か部屋を暗くして実況プレイを行っている。

 

・「アマガミ」のゲーム実況では、膝裏を舐めることを目標に実況プレイを行っている。パート2の動画の説明文でその目標を達成したらそのパートが最終回になると記載しており、本当に膝裏を舐めたらエンディングを見ることなく、そこで本作の実況が終わっている。

また動画内では、豊かな妄想力を発揮したり数々の変態発言をしたりしており、自身の発言に対して自身でキモいと発言することもある。

 

・「命唄 ~イノチウタ~ 」のゲーム実況では、自身も本作の世界に存在しているつもり(厨二病キャラ)で実況プレイを行っている。

 

・ゲーム実況プレイ動画の投稿頻度は不定期

 

スポンサーリンク

 

おすすめゲーム実況プレイ動画!!

kayin氏より2008年に製作・公開されたフリーアクションゲーム「I Wanna Be The Guy」の実況プレイ動画シリーズがおすすめ!

 

この動画シリーズでは、鬼畜ゲームとして名高い本作を初見難易度ハードで実況プレイしている。

途中でセーブデータが消えたり、プレイ中にエラーが出たり、詰みセーブをしたために最初からプレイをし直したり、本作のやりすぎで急激に目が悪くなり頭痛を引き起こしたりと数々のトラブルに見舞われるが、愚痴を一言も言わずポジティブでまったりとしたドMな「まっくす」の姿を見ることができる。

 

この動画シリーズの動画数は全20件(本編:15件)、動画再生時間は約9時間(本編:7時間)であり、サクッと楽しく視聴することができる。

 

また、この他にも鬼畜ゲームを多数実況プレイしているので、ぜひそれらの動画シリーズもご覧いただきたい!

 

スポンサーリンク

 

 

 

記事の添削やおすすめしたいゲーム実況者、質問などございましたらTwitterのDMもしくはメールアドレス、下記のメールフォームよりお問い合わせ下さい。

Twitter: @gamelp_info

メールアドレス: gamelp_info@yahoo.co.jp

 

スポンサーリンク

 - 男性ゲーム実況者