ゲーム実況者情報

おすすめのゲーム実況者やゲーム実況プレイ動画などを紹介するゲーム実況の情報まとめサイトです

マエダ(おすすめ男性ゲーム実況者)

      2017/05/07

ゲーム実況デビュー日・初投稿動画

・ゲーム実況デビュー日は、2009年3月1日。初投稿動画は、「暇な大学生がポケモンルビーを初プレイ初実況してみたpart1」

 

人物紹介&ゲーム実況の特徴

・生年月日は1990年3月11日。

滑舌が良く丁寧な語り口調が特徴的で、常に楽しみながらゲームをプレイしている様子が伝わってくる男性ゲーム実況者である。

 

主に実況プレイするゲームジャンルは、ロールプレイングゲーム(シリーズ物)である。

【ポケモンシリーズ】

【ファイナルファンタジーシリーズ】

【テイルズ オブシリーズ】

【アトリエシリーズ】

【ペルソナシリーズ】

【英雄伝説シリーズ】

 

スポンサーリンク

 

ゲーム実況のプレイスタイルは、初見・難易度ハード・やり込みである。初見でありながらメインストーリーのみならず、サブストーリーもかかさず回収している。

そのため、動画数・動画再生時間ともにボリュームがある動画シリーズが多く、中には総プレイ時間が300時間を超える動画シリーズもある。

 

・動画のタイトル名は、大学生の頃は「暇な大学生の○○(ゲーム名)初プレイ実況」であり、社会人になってからは「暇だった社会人の・・・」となっていたが、更新頻度が高すぎることから「暇な社会人の・・・」になっている。

・動画冒頭のあいさつは、「皆さんどうも、おはようございましたー」である。

 

・ゲーム実況中、録画事故が起きたり、学生時代は親の介入があったり、興奮しすぎて(特に女性キャラクターに対して)テンションがおかしくなったりするなど、「マエダ」のゲーム実況で恒例となっていることを総称して「マエダクオリティ」と呼ばれている。

 

・パート1の動画冒頭の前置きは長めであり、ゲームを開始させるまでに5分以上かかることもある。

また、ゲーム実況中も考察や喋りに夢中になりすぎてゲームの進行が遅れることもしばしばある。

 

「ポケモン」シリーズのゲーム実況では、縛りプレイを行っている。

縛り内容はシリーズによって異なり、戦闘中の回復アイテムの使用禁止、ポケモンセンターの利用禁止、PP回復アイテムの使用禁止、勝ち抜き方式のみ、今までの「ポケモン」シリーズ実況で使用したポケモンは使わないなどである。

 

またこのシリーズでは、ゲーム開始直後に最初のパートナーとして貰えるポケモンの名前に「ウシロダ」、ライバルの名前に「ナナメダ」と付けることが恒例となっており、ポケモンを捕まえた時には毎回独特なネーミングセンスを披露している。

 

・以前は、プレイヤー参加型レビューサイト「mk2」を参考にゲーム実況する作品を決めていた。

・ゲーム実況プレイ動画の投稿頻度は非常に高く、基本的に2~4日。また、1日に複数動画を投稿することがある。

 

スポンサーリンク

 

おすすめゲーム実況プレイ動画!!

ゲームフリークで開発され、株式会社ポケモンより2008年にDS用で発売されたロールプレイングゲーム「ポケットモンスタープラチナ」の実況プレイ動画シリーズがおすすめ!

 

1作目の「ポケットモンスター ルビー」のゲーム実況では、戦闘中に回復アイテムを多用していたため、本作では戦闘中に回復アイテムの使用を禁止する縛りを設けている。

最後の四天王とチャンピオンとの戦いでは、強運と今までに培ってきた経験をフルに活かし、白熱したギリギリの戦いを見せているので、ぜひそこに注目してほしい!

 

この動画シリーズの動画数は全62件(本編:41件)、動画再生時間は約36時間(本編:約24時間)であり、長時間楽しく視聴することができる。

 

また、この他にも同シリーズ作品を多数実況プレイしているので、ぜひそれらの動画シリーズもご覧いただきたい!

 

スポンサーリンク

 

 

 

記事の添削やおすすめしたいゲーム実況者、質問などございましたらTwitterのDMもしくはメールアドレス、下記のメールフォームよりお問い合わせ下さい。

Twitter: @gamelp_info

メールアドレス: gamelp_info@yahoo.co.jp

 

スポンサーリンク

 - 男性ゲーム実況者